Blog&column
ブログ・コラム

筋固縮の原因と悪化させない方法とは

query_builder 2022/07/15
コラム
23

パーキンソン病の症状に「筋固縮」というものがあります。
この記事では、筋固縮の原因と悪化させない方法について紹介していきます。

▼筋固縮の原因と悪化させない方法
■筋固縮の原因
筋固縮とは、筋肉が硬くなって、自分の意志でスムーズに動させなくなる症状の事です。
パーキンソン病によって、ドーパミンの生産量が減少する事で起こります。

ドーパミンとは、脳と身体とを結ぶ役割を持っている神経伝達物質の事です。
パーキンソン病になると、脳と身体の情報伝達がスムーズにいかなくなるので、身体がスムーズに動かなくなります。
身体を思い通りに動かせない事が、筋固縮の悪化の原因になります。

■悪化させない方法
筋固縮を悪化させないには、運動やマッサージが効果的です。
運動をする事で、筋力の低下を防いで動く身体を維持することが期待できます。

また、バランス感覚なども養うこともできますよ。
マッサージは、こわばった筋肉を柔らかくほぐすことができるので、筋固縮の軽減につながります。
これらを定期的に継続する事で、筋肉が硬化する悪循環を防げるのです。

▼まとめ
筋固縮の原因は、パーキンソン病によってドーパミンが減少する事が挙げられます。
そのままにしていると、症状が悪化する可能性があるので、運動やマッサージを受けるようにしましょう。
弊社は国家資格を持ったスタッフが、適切にリハビリをさせていただきます。
筋固縮を悪化させたくないという方は、一度弊社にお問い合わせください。

NEW

  • 荒川区でリハビリを受けるなら訪問マッサージ さくら治療院

    query_builder 2022/03/28
  • 寝たきりのむくみに効くマッサージ

    query_builder 2022/12/01
  • 姿勢反射障害の症状とは

    query_builder 2022/11/15
  • 姿勢反射障害のリハビリについて

    query_builder 2022/11/01
  • 腰痛を予防するためのポイント

    query_builder 2022/10/15

CATEGORY

ARCHIVE