Blog&column
ブログ・コラム

パーキンソン病のリハビリの内容

query_builder 2022/04/05
コラム
2
パーキンソン病には、運動機能に支障をきたす症状があります。
病状がゆっくりと進行していきますので、症状の進行を遅らせるためにも体を動かすリハビリが重要です。
今回は、パーキンソン病のリハビリの内容についてご説明いたします。

パーキンソン病のリハビリとは
パーキンソン病は、動きが鈍くなるなど運動機能に支障が出ますので、体力や運動能力の維持のためのリハビリを行います。

・体力維持のための有酸素運動
・柔軟性維持のためのストレッチ
・筋力トレーニング
・姿勢や歩行動作の改善
・呼吸訓練
・生活動作の練習

これらの運動をバランスよく取り入れることが望ましいですが、症状の進行状況によってリハビリメニューを考える必要があります。
進行度が軽度の場合は積極的に運動を取り入れるようにし、安全な歩行が難しい方や介助が必要な方は、ストレッチや動作の練習に重点を置きましょう。

▼病状に合わせて嚥下練習や発声練習を取り入れる
病状が進行すると、言葉を発音するのが難しくなったり、声が小さくなったりします。
また、食べ物が上手に飲みこめない、むせやすくなるなどの症状もありますので、病状に合わせて嚥下練習や発声練習を行いましょう。

▼まとめ
パーキンソン病の病状の進行を遅らせるために、体力や運動能力維持のためのリハビリが大切です。
進行状況に合わせて、料理や字を書くなど生活動作の練習や、発声・嚥下練習も取り入れます。
東京でパーキンソン病のリハビリをお探しなら、訪問マッサージさくら治療院にお任せください。
思うように体を動かせず、ストレスを感じているご利用者様の気持ちに寄り添いながらケアいたします。

NEW

  • 荒川区でリハビリを受けるなら訪問マッサージ さくら治療院

    query_builder 2022/03/28
  • 拘縮はリハビリで改善できる?

    query_builder 2022/08/15
  • 拘縮の原因とマッサージの効果

    query_builder 2022/08/08
  • 筋麻痺の症状について

    query_builder 2022/08/01
  • 筋麻痺の発生原因について

    query_builder 2022/07/22

CATEGORY

ARCHIVE